【引越で運気アップ】風水で見つける開運物件の立地と間取り

風水と賃貸物件

部屋を引っ越してから運気が上がった気がする!
どうせ心機一転、新しく賃貸を探すならそんな開運部屋に住みたいですよね♪
風水もインテリアなどを変えることで運気をアップさせることもできますが、お部屋選びの段階で立地や間取りなどから風水の考え方を取り入れることで、より運気がアップするかもしれません。

今回は、お部屋探しの際に知っておきたい風水のポイントを簡単にご紹介いたします。
占い師に頼りきりになる前に、まずはご自身でチェックしてみてくださいね。

風水でよい物件の立地と間取り

日当たり・風通しがいい

日当りの良い部屋は、それだけで運気を呼び込みます。
逆に日当りが悪ければカビが生えやすいだけでなく、陰の気が流れることで運気も下がっていってしまいます。
部屋の窓やバルコニーのある場所が「南向き」であるお部屋を探すとよいでしょう。
部屋に太陽の光が満ちることで、運気もしっかり充電されます。

高台に位置している

高台に位置して見晴らしがいい家は良い気が集まるとされています。
一方、高台でも坂の途中に立地している場合は要注意です。なるべく坂の上の平地を選んだ方がよいでしょう。

賑わっている街の近く

賑わっている、栄えている街ほど運気が上がります。
それはより幸せな人が集まる街ほど、その影響を受けるからだとされています。

また、学校や公園、桜並木など花がある緑道などの近くもいい運が。
自然が近くにあり、そこを通勤通学などで日常的に通るような場合、より良い運気を吸収しやすくなります。

風水で悪い物件の立地と間取り

玄関と道路の位置関係

玄関と道路の位置関係を把握することも、風水においては重要です。
玄関から見て、道路が直交していたり、カーブの外側にあたる物件はなるべく避けましょう。
物件がT字路の突き当たりにある場合も注意です。
これらは渋滞や事故が発生しやすいため、邪気や殺気が玄関から入り込んでしまい、運気が低下してしまう恐れがあります。

病院やお墓などの近く

普段の家探しでも意識しているかもしれませんが、病院、墓場や因縁がある土地の近くだと、風水的には住む人に悪影響を与えると言われています。
病院といっても耳鼻科や皮膚科などの街中で開業している町ものであればあまり気にする必要はないのですが、総合病院や救急病院などが近くにあると陰の気が流れやすく・・・。
このような土地はエネルギーが悪く、吸い取られることがあり、運気が低下するとされています。

土地に変形がある

凸凹のある土地や三角形の土地など変形がある土地はよくないとされています。
できれば長方形の土地を選びましょう。

「鬼門」に水回りや玄関が位置してない

風水では、北東を鬼門、南西を裏鬼門といいます。
トイレやお風呂、洗面所などの水回り設備や玄関がこの方位にあると「大凶」と考えられているため、コンパスなどで方角をチェックするようにしましょう。
また家の中心にトイレなどの水回りがあるのも風水的によくないとされています。

今の物件でできる開運方法

ここまで、風水的にいい立地や間取りのポイントをご紹介してきました。
とは言っても、これら全部の条件がクリアになる物件を探すのはなかなか難しかったり、現状の住まいから風水の為にわざわざ引っ越しするのも大変です。
そういった場合は、以下のような点に気をつけておけば、少しでも運気を上向かせることができるので試してみてくださいね♪

風水と風通しのある部屋

常に風通しを良くしておく

お部屋の中で空気が停滞した状態が続くと、どうしても負のエネルギーが充満してしまい運気が下がってしまいます。
カビなどを避けて快適に過ごすためにも部屋を換気することは非常に大切です。
換気扇があればなるべく常にスイッチを入れておき、なければこまめに窓を開けるなどして空気が常に循環している状態を保つようにしておきましょう。

部屋の中を清潔な状態に保つ

部屋の中を綺麗な状態にしておくことも、風水的に重要なポイントです。
掃除がされずに汚れたままの部屋は気分も落ち込みますし、それだけで運気が下がってしまいます。
こまめに掃除をして部屋を綺麗にしておくことは衛生的になるだけでなく、風水の面から見ても意味のあることなのです。

窓から見えるお墓の景色は家具で目隠し

先に述べたお墓など因縁がある土地の景色がどうしても見えてしまう場合は、カーテンを閉めたり、家具でふさいでみましょう。
部屋の内側から見えないようにするだけで、凶意を排除することができます。

最後に

風水は、中国が発祥の環境学の一種です。
運が悪いということは、周りの環境が何か原因があるのではないか、という問題意識から出発したのが風水の基本的な考え方です。
風水を信じるか信じないかは人それぞれですが、風水の考え方を取り入れることによって、探している物件を客観的に見直す良いきっかけにもなります。
風水も完璧に取り入れようとすると大変なので、頭の片隅に風水の知識を入れておいて、お部屋探しをする際には軽く取り入れてみてもいいかもしれません。

風水と賃貸物件