一人暮らしの前にイメージしておこう!1ヶ月にかかる生活費の内訳

nah1

こんにちは、学生ライターのあんこもちです。

先月に北海道から上京してきたばかりの私が、月々の生活費について、一人暮らしのお財布事情をチェックしていきます。

それでは、これから初めての1人暮らしを考えている方に質問です。
今住んでいるご自宅の家賃と光熱費がどの位かかっているかご存知ですか?

恐らく、すぐ答えられた人は少ないでしょう。
実家暮らしであれば答えられなくても問題はありませんが、1人暮らしを始めるのであればこれらの費用が今どの位かかっているかはしっかりと把握して自分で払っていかねばなりません。

そこで今回はこれから1人暮らしを始める人向けに、生活費がそれぞれいくら位かかるのかということと、それら生活費を節約する方法についてお伝えしていきたいと思います。

一人暮らしにかかる費用ってどんなもの?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一人暮らしに必要な生活費の総額は地域によって大きく変わりますが、平均すると家賃も含めて1ヶ月におよそ13万~16万円程度であると言われています。

ここではこれら生活に必要な費用をもう少し細かく知るために、まずは大きく固定費変動費の2つに分けて考えてみてみましょう。

ここでいう固定費とは「毎月定期的にかかる費用のこと」を、変動費とは「一時的に発生する費用や生活の大小によって変わる費用のこと」をいいます。

一人暮らしの内訳(一例)

費用 金額(円)
家賃 80,000
水道代 2,000
電気代 3,000~4,000(月ごとに変動あり)
ガス代 4,000
食事代 20,000(自炊)、30,000(外食)
日用品 10,000
美容院 5,000
交際費 20,000
通信費 10,000

固定費のうち、水道光熱費は季節によって変動するから変動費では?と思う方もいるかもしれませんが、基本料金の支払いは使用量に関わらず毎月発生するため、ここでは固定費のひとつと考えることにしましょう。

生活費を見直す3つの方法

Close up of female accountant or banker making calculations. Savings, finances and economy concept

自分の収入額、支出額を知り、予算を立てる

学生であれば、仕送りや奨学金、アルバイト代などが収入になります。

社会人であれば毎月貰っている給与のうち、保険料などの天引き分を引いた手取りの額が収入となります。

この金額が毎月自分で使うことのできる金額の上限です。

当然のことですが、この収入額よりも支出額が多ければ赤字になってしまいます。

「そんなこと起こるわけないよ」と思うかもしれませんが、意外と一人暮らしをはじめて間もないうちは月末近くになって「生活費が足りない・・・!」と愕然とすることが起こりがちです。
(実際に筆者は今月の給料日までカッツカツです)

一人暮らしで生活が破綻しないようにうまくやりくりをしていくには、まずは最低限自分の1ヶ月の収入額を知り、そして1ヶ月で自分が何にどの位使っているのかをしっかり把握することが必須になります。そのうえで毎月の予算を作り込んでいくのがよいでしょう。

予算のうち「収入」の注意点としては、残業代やボーナスなどの変動が大きいものをあまり予算に組み込みすぎないことです。
最初からこれらの金額に頼りきった予算作りをしてしまうと生活が破綻する原因になってしまいます。

また、「支出」については固定費や変動費の項目ごとに生活費予算をしっかりと立てて、この範囲内でうまく生活していくのがポイントです。
項目ごとの細かい点については以下で一緒に確認していきましょう。

変動費の見直し

上手に生活費をやりくりするには、まず変動費を見直す事が大切です。

疲れた日によくタクシーに載る癖がついていたり、外食生活が続いたり、雑誌やCDなどの娯楽費、同じ様な洋服を何着も買ってしまった、というような生活が続くとすぐに赤字になってしまいます。

ですので、ちょっとした気の緩みが出てしまわないように意識して節約すると良いですね。

特に女性の一人暮らしの場合は、変動費として化粧品代や美容院代など美容に関する費用の割合も大きいですよね。

また、仮に化粧品を買わない月でも気を緩めず、多めに貯蓄に回すことを習慣づけておけば赤字にならずに済みます。

固定費の見直し

節約しやすい変動費の見直しに慣れてきたら、次は固定費も節約してみましょう。

家賃は引っ越しでもしない限り減らせませんが、インターネット通信料や携帯電話料金を今のプランから安いプランに変更したり、電気やガスの料金プランを見直してみたりすることなどもおすすめの方法です。

まとめ

いかがでしたか?
実家とは違って、一人暮らしをはじめると開放感から誰しも財布のヒモがかなり緩みがちになってしまいます。

でも、そんな生活を続けていると、急な怪我や病気のときに医療費が払えなくなったり、友達と旅行したいのにほとんど貯金がなかったり、などという残念な事態に陥ってしまう可能性もあります。

何にどのくらいかかりそうなのか、生活費の内訳をあらかじめ知っておくことで、いざ一人暮らしをはじめた時には予算通りにやりくりをして、貯蓄が習慣化できるように計画的にお金を使いたいですね。

nah1