【寒くて何度も目が覚めちゃう・・・】冬でも部屋を暖める方法6選

防寒具

こんにちは、北海道から上京して3ヶ月経った、現役女子大生のあんこもちです。

季節が本格的な冬になり、賃貸住宅は特に室内の寒さが気になる季節になってきました。

突然ですが、あんこもちは道産子のくせに、寒さにとっても弱いです。
去年の冬まで二重窓・二重サッシ、床暖房に石油ストーブの実家でぬくぬくしていたあんこもちにとって、東京での生活(特に早朝)は本当に耐え難い程寒いのです。

そこで今回は、冬の賃貸でできるだけ暖かく過ごせる防寒対策をご紹介します。

部屋着を重ね着する

できるだけ暖房費をかけないで過ごしたいと考えている人は、とにかく暖房をつけている時間を短くすることがポイントです。
そこで厚手の靴下や、パーカー、ズボンなどを用意しておくと良いでしょう。

また、寝るときにおすすめなのが、腹巻やホットパンツです。
腹巻と聞くと古臭いと思われる方もいるかもしれませんが、今は特に女性が履きやすい可愛らしい絵柄の腹巻もあるので、ぜひ自分の好きなものを探してみてください。
量販店やamazon・楽天などの通信販売でもすぐに購入できますよ。

窓ガラスに断熱シートのプチプチを貼る

ハートのプチプチ
出典:NEVERまとめ

実は寒さ対策は、身近にあるもので自作することで用意できるものもあります。

電化製品やガラス製の食器を購入した時に梱包に使われているプチプチしたシートがありますよね。
あのプチプチを凹凸がある方の面を窓側に向けて窓枠ごと覆うようにして張り付けることによって、ガラス面の間に空気の層ができ、空気が密閉されるので、暖かい空気が逃げにくくなります。
張り付けるときに、まず窓枠にマスキングテープを張って跡が残りづらいようにしてから両面テープで張り付けることがポイントです。

プチプチシートやマスキングテープは100円ショップやホームセンターに行くと、安く購入することができます。
画像の様なハート柄のプチプチなど、可愛らしい模様のシートもあるので、部屋のインテリアに合ったシートを探すのも楽しいかもしれません。

アルミシートやホットカーペットを活用する

フローリングの賃貸に住んでいる人は、床が常に冷たく感じて辛い思いをしている人も多いと思います。
暖房器具で温めた熱を逃がしてしまわないよう、断熱性に特化したアルミシートやホットカーペットを活用してみましょう。

アルミシートはコストが高くつきますが、カーペットやラグの下に敷くことで、床を冷やさないようにすることができます。
また、プチプチと同様に窓ガラスの断熱にも利用でき、保温効果も高いので大変便利ですよ。

ホットカーペットも、座布団くらいのサイズであれば1500円くらい、2畳分の大きさでも5000円以下で購入できます。
床や足元は特に気になるところだと思うので、一枚買っておくと重宝すること間違いなしですね。

部屋の湿度を上げる

部屋の湿度が低いと温まらないので、加湿器を使って湿度を上げる工夫をしましょう。

寒さ対策に湿度が関係あるのか?という方もいると思いますが、皆さんも夏場に晴れているときよりも、曇りの日にジメジメとした蒸し暑さを感じた方は多いと思います。
これは湿度が大きく関係しているからなのです。

その時の部屋の温度にもよりますが、湿度を10%上げるだけでも体感温度が2~3度上がるので、電気代の節約にもなります。
また、湿度を上げることによってお肌の乾燥を防いだり、風邪やインフルエンザの菌の活動を抑える働きがあります。

湯たんぽを活用する

湯たんぽを活用する
出典:うにっき

寝る時に足元が寒いなと感じたり、お腹が冷えて風邪をひきそうだと思ったことはありませんか?
寝る前は大丈夫だと思っても、朝起きてみると鼻水が止まらなくなってしまったなんてことも起こりえます。そういった失敗をしないためにも、寝る前は湯たんぽを一つ用意しておくと安心です。

頭寒足熱というように、足元は寝る前に効率よく温めて、快適な睡眠を目指しましょう。

ホットドリンクを作る

家具をいくら用意してもやはりどうしようもないくらい寒くなってしまうことはありますよね。
そんな時はホットココアやはちみつをお湯で溶かしたもの、ショウガ葛湯などを作ると、体を内側から温めることができます。

特にこれからの季節は私、あんこもちが大好きなお汁粉の季節です!
とろっとした餡の汁物にお餅とかぼちゃの甘煮が入っているのがたまらないんですよね。
(お汁粉にかぼちゃを入れるのは、どうやら北海道だけのようですね。。。)

まとめ

ここまで寒い日に部屋でできるだけ暖かく過ごす方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか。
私は北海道出身の極端に寒がりな奴なので、ここまでしてようやく安心して寝られそうです。

皆さんも、寒さにどうしても耐えられないと思ったら、ここでご紹介した方法を試してみてくださいね!

防寒具