意外なデメリットが…!賃貸入居申し込み後のキャンセルはあり?なし?

やっとの思いでお気に入りの部屋を見つけ、申し込みをした!
でも、もっといい部屋を見つけてしまった…。

「入居申し込み後のキャンセルってできるの?」

と思われる方も多いのでは。
今回はそんな【気になる入居申し込み後のキャンセル】についてのご質問にお答えしていきます!

 

賃貸物件の入居申し込みとは?

そもそも賃貸借契約における入居申し込みとは何なんでしょう?

入居申し込みとは、
⇒そのお部屋に住みたいという意思表示をして、自分がどんな人間かを明かすことです。

どんな人にでもお部屋を貸しますよ!という物件はほぼありません。
大家さん側としては素性がわからない人にお部屋を貸すわけにはいかないので、勤務先や年収などの自分の情報を明かす必要があります。そのうえで、大家さん側でもその人に「是非住んでもらいたい!」と思ってもらえれば(審査が承認されれば)、晴れて入居することができるのです。

 

入居申し込み後のキャンセルは可能なの?

さて、本題の 申し込み後のキャンセルについて ですが
賃貸では入居申し込み後にキャンセルしても基本的には問題ありません。
入居申し込みは「入居の意思を示すこと」なので、契約そのものではないからです。

しかし、申し込み後のキャンセルはできるだけしない方がいい理由があります。

キャンセルの思わぬデメリット…!?

申し込み後のキャンセルは今後のお部屋探しを狭める2つの可能性があります。

理由その1:同じ管理会社の物件に住めなくなる可能性

申し込みキャンセルをしたら他のお部屋を探すことになりますよね。
そのときにもしもキャンセルしたお部屋と同じ管理会社のお部屋を候補にすると、そのお部屋には住めなくなる可能性がでてきます。
なぜなら、お申し込みをキャンセルした履歴が管理会社側に残っているからです。

申し込みが入ると物件を管理している会社側でも審査のために複雑な業務を行いますし、その時点でお部屋の募集を止めることも多いため、1つのお部屋を貸すだけでも大きな労力がかかります。

キャンセルをすると再度募集を再開したり、管理会社側でもムダな業務が発生してしまうので
またキャンセルされることを懸念して同じお客様からの申込は敬遠されてしまうケースが多いのです。

気に入ったお部屋に住めないかもしれないのは避けたいですよね。

理由その2:同じ業者で物件の紹介が受けられない可能性

その1と同じ理由じゃないの?と感じますが、似てるようで違うんです。

もし、最初に物件の紹介や見学対応をしてもらった業者が物件を管理している会社ではなく
仲介業者だった場合、こちらでも今後受付をしてもらえない場合があります。

キャンセルをした際、仲介業者から管理会社へキャンセルの連絡を入れることになりますが
申し込み後のキャンセルが複数回重なると、その管理会社からの「信用」がなくなってしまい
最悪の場合、今後の取引に影響が出る可能性も高くなってきます。
仲介業者としては見過ごせない痛手です…!

「キャンセルをするお客様」と認識されてしまうと、もしかしたら同じ仲介業者からの紹介がされなくなるかもしれません。
仲介手数料が安いからこの店舗から申込したかったのに…。なんて事態もあるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか。お申し込み後のキャンセルについては自由ですが、それによって発生するデメリットもとても多いです。

色んな設備のお部屋がたくさんありますので、もしからしたらもっといいお部屋があるかも…と探したらキリがありません。

申込をしたら他のお部屋は探さない!

が一番賢い選択かもしれませんね。

ABOUTこの記事をかいた人

東村山市出身、清瀬市在住。 埼玉県じゃなくて東京都です。 埼玉にほど近い東京のすみっこより愛を込めてブログを書いています。