【料理好きはガスコンロ一択?】ガスコンロとIHクッキングヒーターの違いまとめ

ガスコンロとIHクッキングヒーターの違いとは

キッチン周りのコンロの種類は、お部屋探しの条件としてチェックしておきたいですよね☆
昔はガスコンロが主流でしたが、今はIHクッキングヒーター搭載の賃貸物件もかなり増えてきました。
料理にはこだわりたい!という方は、ガスコンロと流行のIHクッキングヒーターのどちらを選択すべきなのでしょうか?
料金や調理時の使い勝手など、メリットデメリットからあなたに合ったコンロを見つけてみましょう。

ガスコンロの特徴

ガスコンロの特徴直火で調理するガスコンロ。
ガスコンロはどのような特徴があるのでしょうか。

ガスコンロのメリット

ガスコンロは、直火で調理できます。強火にするのも弱火にするものお好み次第。
火の強弱を自分の目で確認することもできるので、微妙な火力調整のできる調理器具というメリットがあります。
ガスコンロは、中華料理のような火力が必要な料理に適しているといえます。お酒が好きな方には、代表的なおつまみである、するめを炙るのにも直火が必要になります。
ガス代についても都市ガスを利用する場合、IHクッキングヒーターの電気代より安くなります。

ガスコンロのデメリット

ガスコンロのデメリットとしては、直火を使うので火が周囲に燃え移る可能性があります。
火を使用する限り、避けては通れない「火災の心配」があるのです。
メンテナンスについても、こげ付きによるしつこい汚れを掃除するのが大変です。
直火のため、キッチンの温度が上昇するというデメリットも。
夏には、暑さをエアコンで調整する必要がありそうです。

IHクッキングヒーターの特徴

IHクッキングヒーターの特徴IHクッキングヒーターとガスコンロとの大きな違いは、直火でないところ。
IHと言われる電磁線を使うため、ガスではなく電気を使用します。
さっそくメリットデメリットをチェックしてみましょう。

IHクッキングヒーターのメリット

IHクッキングヒーターは火を使わないので、安全性からみると究極の調理器具といえそうです。
お子さんがいらっしゃる家庭にはもってこいです。
直火での調整とは異なりますが、ボタンひとつで温度調整や保温も可能です。
ありがたいのは、メンテナンスです。調理後の掃除は、軽くサッと拭くだけで簡単です。
また直火ではないため、キッチンの温度上昇も防げるというメリットもあるので、暑いときには助かります。

IHクッキングヒーターのデメリット

IHクッキングヒーターのデメリットとしては、ガスコンロと違って、お鍋やフライパンならなんでも使えるというわけにはいきません。
使用できる調理器具に制限があるのです。
たとえば、素材として、鉄やステンレスは使用できますが、銅・アルミ・土製の調理器具は使用できません。
形状としては、底が平らな調理器具に限られます。底の丸い調理器具は使用することができないのです。IHクッキングヒーターの大きさよりも大きな調理器具を使うと、火の通りが悪くなるということもあるので注意が必要です。
またガスコンロのメリットにもあげましたが、同じ料理を作るのでも、電気代の高くなる夏季の昼間など時間帯によっては、ガスコンロとの料金の差が2倍近くになってしまうこともあります。

まとめ

ガスコンロもIHクッキングヒーターも、それぞれにメリットがあります。
「料理には、とことんこだわりがある。」というのなら、直火調理のガスコンロがオススメ!
「料理にはこだわりたいが、家族の安全や調理後のメンテナンスのほうが大切だ。」と考えるならIHクッキングヒーターが便利です。

最近はIHクッキングヒーターの性能も向上しているため、「料理にこだわるからガスコンロ!」と言い切ることもできないのが現実です。それよりも2口コンロや3口コンロなどコンロ数の多いキッチンをチョイスする方が、料理派にとっては使い勝手がよいかもしれません。

ガスコンロとIHクッキングヒーターの違いとは