【引越時の二重家賃はなぜ発生するの?】二重家賃をできるだけ無くして、お部屋探しの予算オーバーを避けよう

二重家賃に悩む男性

引越しの時に気になってしまうのが、今住んでいる部屋の家賃と新しく引っ越す部屋の家賃の発生する期間が被ってしまうことです。
このように両方の家賃を払わなければいけない期間が長くなると無駄な費用が出てきてしまいますよね。

そこで今回は、二重に払う家賃を少なくするための方法をご紹介します。

どうして二重家賃が発生するの?

一般的に今住んでいる家から引っ越しをするときには、大多数の物件が退去の1ヶ月前までにオーナーや管理会社に通知をしなければなりません。
そのため、多くの人は引っ越しの1ヶ月半~1ヶ月前にかけてお部屋探しを行います。

退去予告を出した日に新しいお部屋のお申し込みをした場合、申し込みから契約開始日が2週間と考えると、残りの2週間の間は今住んでいる家と引っ越し先の家賃を二重に払わなければいけない期間ができてしまいます。

このため申し込みの際に「入居日を遅らせてほしい」といった交渉を行い、できるだけ二重家賃をなくすように調整をする場合があります。

二重家賃をなくす2つのコツ

フリーレント付きのお部屋を選ぼう!

二重家賃を少なくするには

このような二重家賃の無駄を防ぐためには、フリーレント付きの物件を選ぶことをお勧めします。
フリーレントは文字通り賃料を払う必要なくその部屋を借りられる期間のことです。

よく「フリーレント1ヶ月」という記載を見たことがあるかと思いますが、あれは入居から1ヶ月間は家賃がかからない期間をサービスするというお得な物件なのです。

このフリーレント付き物件で気をつけていただきたいのが、管理会社によっては初期費用でフリーレント終了月の日割り賃料の他に、翌々月分の家賃も請求されることがあるので、フリーレント付きであっても初期費用が安くならない可能性があるということです。

結果的に家賃が1ヶ月分浮くことには違いないのですが、初期費用以降の家賃の支払い日が1ヶ月前後するなどの違いが生じます。

フリーレントが付いているからと言って必ずしも初期費用が安くならない場合がありますので、しっかりと確認しておくことが重要です。

連休前に申し込みをする

二重家賃が発生する期間

連休前に申し込みをした方が審査期間が延びるため、二重家賃になる期間を短くすることが可能です。

なぜ審査期間が延びると二重家賃を少なくすることができるのでしょうか?
引っ越しスケジュールを例にして追ってみましょう。

<連休を挟んで申し込みした場合>
申し込み

連休休みで審査ストップ
↓5日~1週間
休み明けに審査が始まる
↓3~4日
審査が通る
↓2日
賃料発生日が決定・契約書作成等
↓4日
契約完了
↓2~4日
契約開始日
(この間約3週間)

<連休を挟まないで申し込みした場合>
申し込み
↓4日
審査が通る
↓2日
賃料発生日が決定・契約書作成等
↓4日
契約完了
↓2~4日
契約開始日
(この間約2週間)

連休を挟んで審査期間が約3週間だった場合、二重家賃が「1週間分」となります。

一方、約2週間だった場合は二重家賃が「2週間分」となるので、その分家賃負担額が増えてしまいます。
連休前に申し込みをした方が、二重家賃になる期間を短くすることがわかりますね。
しかし万が一、審査落ちとなってしまった場合はお部屋探しを一から行わなければいけないため、ある程度のリスクも覚悟しなければいけません。

まとめ

ここまで二重家賃の発生を抑えるためのポイントについてお話ししてきましたがいかがでしたか。

一番まとまって費用を節約できるのは、やはりフリーレント付きのお部屋を選ぶことです。

引っ越しをする際は、少しでも初期費用と二重家賃が節約できる方法を実践してみてくださいね。

二重家賃に悩む男性