シェアハウスとテラスハウスの違いと共同生活のあれこれ

シェアハウスの魅力とは?

テレビ番組の「テラスハウス」がきっかけで、同じようにお洒落な部屋に安く住めるシェアハウス物件に人気と注目が集まっています。
しかし、このシェアハウス、テラスハウスですが、実は皆さんが想像しているイメージとは少し違うかもしれません。
そこで、シェアハウスで生活は実際どんなものなのか、メリットとデメリットを交えながらまとめていきます。

「テラスハウス」と「TERRACE HOUSE」とは違う!?

深夜番組で人気があるテラスハウス。数人で共同生活をワイワイと送ってとても楽しそうなイメージがありますよね。

でもテラスハウスとは本来どんな意味を持つのか、知らない人も多いのではないでしょうか。
本来のテラスハウスとは、いわゆる長屋のこと。一つ一つの家が繋がって並び立っている建物のことなのです。
玄関はそれぞれの家ごとにあり、それぞれがテラスを持っているためテラスハウスと呼ばれています。

テラスハウス
つまり物件の分類上で言えば、番組に出ているような建物のことを「テラスハウス」とは言いません。
どちらかというと、あれは「シェアハウス」だと言えます。

じゃあ、シェアハウスって何?

一軒家や広めのマンションを数人でシェアして借り、プライベートルームな空間を維持しつつも共有スペースでは入居者同士で仲良く交流をはかれるのが「シェアハウス」です。

最近人気のシェアハウスですが、その由来はもともと海外の「ゲストハウス」という宿泊施設からきています。
ゲストハウスはトイレやお風呂が共有なことから、宿泊料金が一般的なホテルと比較すると格安です。そして、この仕組みを賃貸物件に応用したのがシェアハウスなのです。

そこで、次はシェアハウスに住むことのメリットとデメリットを整理してみましょう。 

シェアハウスのメリット

家賃が安い

まず、何はともかく家賃が安く抑えられることです。
本来であれば1人暮らしなんてできないような人気エリアの物件でも、普通に1人暮らしをするよりも家賃をかなり抑えることができます。
初期費用もデポジット(保証金)だけで礼金がかからないので、お得に引っ越しができます。

家具家電付き

シェアメイト達と共同で使用するパブリックスペースの家具家電を購入する必要がありません。
共有スペースはシェアハウスによって様々ですが、キッチンスペースや居間、トイレ、お風呂場などがあげられます。
テレビや洗濯機冷蔵庫などは大きな出費となる買い物です。
それらを買う必要がなくなるということは大きなメリットになります。

幅広い年代の人と出会い、交流できる

シェアハウスのコンセプトによって変わってくる部分ですが、普段であれば会うことのない様々な職業、年代の人と一つ屋根の下で交流することができます。みんなでバーベキューや料理大会などシェアハウス内でのイベントが盛んなシェアハウスもあります。
色んな人とコミュニケーションを取るのが大好きな人にとっては毎日が刺激的なものになるかもしれません。

シェアハウスのデメリット

プライベート空間は自室だけ

1つの家や部屋をシェアしているため、当然プライベートは制限されます。
自分の部屋があればまだいいのですが、部屋も共有だったりする場合にはなんだか寮生活をしているような気分になるかもしれません・・・。

ルールがある

他人とシェアして生活を送るため、そこには様々なルールが設けられます。例えばお風呂や掃除の時間が決まっていたり、食事ができるスペースが限られていたりする場合があります。
シェアハウスによっては入居者以外に友達や家族を家に入れられないルールがあることもあるので、見た目だけを気に入って入居後に後悔しないよう、どんなルールがあるのかを把握しておくとよいでしょう。

自分に合った部屋探しを

シェアハウスは、普通の賃貸マンションとは少し勝手が違うことがお分かりいただけたかと思います。
シェアハウスが自分の性格やライフスタイルにマッチすれば、テラスハウスのようにとても楽しいですが、なんとなく人気だから入居してみようというような軽い気持ちで入居を決めてしまうと、精神的に負担がかかり、後で後悔してしまうかもしれません。

自分に合わないなと感じたら、あえてシェアハウスに住むことはないのです。
自分の性格をよく分析して、あくまでも自分に合った空間を探すために家探しを進めるようにしましょう。

シェアハウスの魅力とは?