【入居審査】不動産プロが教える入居審査に通す方法と落ちる理由

Retro image of lawyer signing important legal document on black desk. Over black background.

賃貸住宅に入居する場合には、入居審査に通らなければなりません。
気に入った物件に出会えたとしても入居審査に落ちると入居することができないのです。

なぜ入居審査に落ちるのか、どのようにすれば入居審査に通るのかについてご紹介します。

入居審査が必要な理由

賃貸住宅の入居時に入居審査を行う理由は、入居を希望されている方が、その部屋にふさわしいかどうかを判断するためです。

年収・職業・連帯保証人・人柄についてふさわしいかどうかの判断になります。

不動産会社は、家主に入居者を紹介する立場にあるので、紹介した入居者が家賃を滞納するようなことがあると家主の信用を失くすことになります。
そこで、入居審査により入居の資格を判断するのです。

入居審査の項目の内容

Businessman and documents

年収

年収と家賃のバランスが入居審査において最も重要なポイントといえます。
入居審査を行う不動産会社や賃貸物件につきバラつきはありますが、一般的に年収に応じた家賃の額は月収(額面)の1/3以内といわれています。

年収が360万円とすると360万円を12で割り月収にすると30万円になります。月収30万円の1/3以内なので、10万円以内ということになります。
家賃+管理費の額が10万円を超えると、入居審査に落ちる可能性が高いということになります。

職業

入居審査の時に入居に必要な年収をキープしていても、その年収が毎年継続する保証はありません。
そこで、職業を確認するのです。

正社員であれば職業に対する定着性が高いため年収をキープできる可能性が高いのですが、契約社員や派遣社員になると正社員よりも定着性が低いと判断されます。

自営業者やフリーターなども定着性が低いと判断されるため入居審査に落ちる可能性があるのです。

連帯保証人

連帯保証人とは、入居者が家賃を滞納した場合に、入居者に代わって家賃を支払う義務を負う人のことをいいます。

家主にすれば、家賃収入を賃貸住宅の建設費用のローンに充てる返済計画を立てる場合が多いので、家賃の滞納があるとローンの返済が滞ります。
契約時に、あらかじめ入居者に連帯保証人を立ててもらうほうが安心して契約を行うことができるのです。

保証会社

入居の時には、連帯保証人を要求されますが、連帯保証人とは入居者が家賃を滞納した場合に代わりに家賃を支払うという厳しい役割を持つので、身内でない他人が引き受けてくれることは少ないでしょう。

そこで、連帯保証人になることを専門に行う会社が「保証会社」なのです。
保証会社に一定の料金を支払うことにより連帯保証人になってくれるのです。

保証会社とは、連帯保証人になることが仕事の会社ですが、誰の連帯保証人にもなるわけではありません。
入居審査と同じような審査があり、審査を通過しないと連帯保証人にはなってくれません。

特に、身寄りのない方や外国人のような連帯保証人を立てることの難しい方にとって保証会社は適したシステムといえます。

人柄

年収・職業・連帯保証人についてはパスしたとしても、見た目も入居審査の項目となるので注意が必要です。
家主にすると部屋を貸すからには丁寧に使ってくれる方にこしたことはありません。

見るからに不潔な方やタトゥーがあり周囲に迷惑をかけそうな雰囲気の方は避けられる傾向にあるため入居審査に落ちる場合が多くなります。

入居審査に落ちる理由と対策

Businessman looking at the article with a smartphone

年収で審査を落とさないための対策

入居審査に落ちる理由のなかで最も多いのは、月収(額面)の1/3の額が年収から計算した適正な家賃の額を下回る場合です。

不動産会社が年収に応じた賃貸物件を紹介してくれたり家主と相談してくれたりすることがなかったのかもしれません。

月収の1/3以下が家賃の基準であることを頭に置き、入居審査の通りやすい賃貸物件の紹介をしてくれたり、入居が簿妙な年収の場合に家主と入居について相談してくれたりする不動産会社を選ぶことが重要です。

職業で審査を落とさないための対策

残念ながら、一般的なサラリーマンでないと何かとハンディを背負う場合があります。
特に無職やフリーターの場合に入居審査を通ることは難しいようです。

自営業者の場合には、業務内容や収入の実績がわかるような書類を用意し誠意を示すことが大切です。

無職の場合でも就職が決っている場合には内定書の提出や、就職が決っていない場合には預貯金を証明する書類の提出で家賃の支払いができる確認を行うことも有効です。

連帯保証人で審査を落とさないための対策

連帯保証人を立てたとしても、連帯保証人としてふさわしくないと判断されると入居審査に落ちることがあります。
一般的に連帯保証人は、親族を要求されることが多く収入もチェックされます。友人や会社の同僚では審査に落ちることが多いようです。

連帯保証人を立てることが難しい方は保証会社を利用することができます。

また、家賃の支払いがクレジットカードで支払えるシステムであれば連帯保証人は必要ありません。

人柄で審査を落とさないための対策

見るからに怪しい雰囲気を漂わせたり、粗暴で暴力的であったりすると、人は本能的に避けるようです。

賃貸物件の入居審査では、年収・職業・連帯保証人の要件を満たせばよいという考え方ではいけません。

少なくとも、面談の日には印象のよい服装や丁寧な言葉づかいにするなど見た目にも注意することが必要です。

まとめ

ここまで賃貸住宅の入居審査について対策をお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか。

賃貸住宅の入居審査とは、年収・職業・連帯保証人・人柄をチェックする審査です。

審査項目を知り、項目のひとつひとつに注意を払うことにより入居審査に落ちる可能性は少なくなるでしょう。

また、自分に合った家賃を知るための記事もありますので、そちらも参考にしてみてください。
【収入→賃料の早見表付き】年収・月収から逆引きして自分にあった家賃を知ろう

Retro image of lawyer signing important legal document on black desk. Over black background.