【ゼロゼロ物件は要注意?】敷金・礼金なし物件のメリット・デメリットまとめ

敷金礼金なし!ゼロゼロ物件のチェックポイント

お部屋探しの時に、「ゼロゼロ物件」の文字を目にしたことはありませんか?
「ゼロゼロ物件」とは敷金・礼金なしで契約できる賃貸物件のことです。
このような敷金・礼金なし物件は引っ越し初期費用を十万円単位で抑えることができちゃいます☆
思わず飛びついてしまいそうですが、あとあとこんなつもりじゃなかった・・などというトラブルを避けるためにも、事前に注意しておかなければならないポイントをしっかりチェックした上で契約しましょう!

初期費用が安くなるゼロゼロ物件とは?

敷金・礼金が必要ないゼロゼロ物件は一見とてもお得です。
ではなぜ、敷金・礼金が不要な物件があるのでしょうか?
一般的な理由として、管理会社や貸主が早めに入居者を獲得したいからといった理由があります。

入居する側にとっても、初期費用は敷金・礼金のほか仲介手数料・管理費・火災保険料さらには引越し費用など、敷金・礼金以外にもたくさんのお金が必要になります。
初期費用の軽減を考えると敷金・礼金不要はとてもメリットになるので、募集が集まりやすくなります。

敷金と礼金の違い

デメリットを説明する前に、まず「敷金」と「礼金」についておさらいしましょう。

敷金とは

敷金とは、お部屋の入居者が家賃を支払わない場合に備えて、契約の際に入居者から家主に支払われるお金のことです。
家主は、入居者が家賃を支払わない場合に敷金からその分を差引くことができます。
敷金には、退去時のお部屋についての損害賠償額(部屋の汚れや傷みを修理する費用など)の先払いの意味もあります。入居者が退去する時に、家主が敷金から損害賠償額を差引いた残額を入居者に返還することになります。

礼金とは

礼金とは、お部屋を貸してくれたことに対して「お礼」の意味を込めて家主に支払うものであり、敷金のように入居者が退去するときに返還されるものではありません。

ゼロゼロ物件(敷金なし)のデメリット

ではゼロゼロ物件のデメリットはなんでしょうか?
デメリットは「敷金なし」の物件にあります。
先に「敷金と礼金の違い」でも述べましたが、礼金の場合は「お礼」としての意味を持つ返還されないお金なので、不要にしてもらえばストレートにお得です☆
しかし敷金については、注意する必要があるのです。

滞納に厳しい

敷金には「家賃を支払わない場合に敷金からその分を差引くことができる」という役割がありました。ということは、敷金が支払われていないと、家主は差引く元になる敷金を受け取ってはいません。
そこで家賃の滞納に対しては、厳しい傾向になります。うっかり滞納してしまいそうな方は、特に注意が必要になります。

退去時に修繕費の請求がくる場合がある

敷金には、退去時の修繕のための費用を先払いするという役割があるため、敷金が不要の場合は改めて退去時に修繕費などの請求がくる場合があります。
その額に驚かれる方が多いようです。
あらかじめ敷金として支払っていれば、そこから差引いてもらえば済むのであきらめもつくかもしれませんが、後々改めて請求されるとトラブルになるケースもあるようです。

敷金なし物件の場合、ココを確認しよう!

事前にトラブルを防止する為にも、あらまじめ確認ポイントをチェックしておきましょう。

修繕費の確認

先ほど説明したように、退去時に修繕費の請求される場合があるので、事前に確認しておきましょう。
家主におおよその修繕費用の額を確認しておくことも大事です。

特約の確認

退去時のハウスクリーニングについて特約をつけることにより、ハウスクリーニング費を入居時に先払いするシステムがあります。
退去時の負担を軽減できる場合もあるので、初期費用に余裕がある方は聞いてみるといいでしょう。

中途解約の違約金

転勤などにより、契約期間を満たさずに退去するような場合の違約金についても確認しておく必要があります。
敷金・礼金が不要なかわりに中途解約の違約金が高く設定されているようなケースがあるからです。
中途解約の可能性が高いのであれば、違約金と敷金・礼金の額を比べてみましょう。

まとめ

ゼロゼロ物件は魅力的ですが、敷金ゼロの場合は、「未払い家賃の差引き分」であったり、「損害賠償額の先払い分」という役割の持つ意味に注意して、しっかり確認した上で契約をする必要があります。
その点に注意すれば、敷金・礼金なしのお部屋は十分なメリットがあるといえるので、ぜひ探してみてくださいね。

敷金礼金なし!ゼロゼロ物件のチェックポイント